第31回 鹿沼さつきマラソン大会

更新日:2011/05/13

平成23年5月8日(日)栃木県鹿沼市にて、県内最大級の規模を誇る「第31回鹿沼さつきマラソン大会」が開催されました。東日本大震災のチャリティーマラソンとして実施した今大会。県内外より1万人近くがエントリーし、招待選手で足利市出身のトップランナー 原裕美子さんとともに、日光連山を望みながら鹿沼の市街地を駆け抜けました。

サロメチールブース

真っ赤なテントでお馴染みの『サロメチール』プロモーションブースは、今回も大盛況。約1,500名のランナーに、『体感!走る前のプレケア』として、赤のサロメチールを体験していただきました。

また、ドラッグストアサトウでは、佐藤製薬製品を販売。開始前には完走を目指してユンケルを飲むランナー、ゴール後には筋肉のクールダウンをするために、青のサロメチールを買い求めるランナーであふれていました。

今大会では、サロメチールに関するアンケートを実施し、協力していただいた方には、サロメチール保冷バッグまたはソフトケースをプレゼントいたしました。

ハーフマラソンなど、コースは全部で5種目。中学生や高校生ランナーも多く、中には親子で参加という方もいらっしゃいました。ランナーの満足度も高いことで有名な『鹿沼さつきマラソン』。さつきの花と新緑でいっぱいのコースには、沿道からもたくさんの声援が送られ、ランナーの笑顔が印象的な大会でした。

スポーツを楽しむためには、筋肉のケアが大切です。赤と青のサロメチールを使い分け、万全のコンディションで楽しんでください!

このページのトップ