第28回 カーター記念黒部名水ロードレース

更新日:2011/12/09

 第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーター氏の来市記念でスタートした歴史あるマラソン大会「第28回カーター記念 黒部名水ロードレース」が平成23年5月22日(日)富山県黒部市にて開催されました。平坦で走りやすく、記録を狙いやすいコースとしても知られる本大会も、当日は朝からあいにくの激しい雨模様。風雨厳しい天候の中、雨にも負けず多くのランナーが蜃気楼の町、黒部を駆け抜けました。

サロメチールブース

メインアリーナには、今回も赤いテントの『サロメチール』プロモーションブースが登場。約1000名の方にサロメチールをタッチ&トライして頂きました。
『ウォーミングアップには赤のサロメチール、痛みには青のサロメチール』と、それぞれの違いに耳を傾けたランナーは、その効果を実感していました。
また、風雨のため急遽体育館で実施した"サロメチールに関する"アンケートでは、約800名の方に参加いただき、ご回答頂いた方にはサトウグッズをプレゼントしました。

今年の参加者数は、5500人以上!東日本大震災復興への祈りをこめて、「がんばろう、日本!」をキーワードに開催されました。
心をひとつに、雨の中でも気持ちよくゴールを切っているランナーの顔が印象的でした。
ゴール後には、ますの寿司がふるまわれるなどお楽しみも盛りだくさん!
小学生からご年配の方まで幅広い年齢層のランナーが、一同に楽しめた大会でした。

ランナーの皆さん!赤と青のサロメチールの使い分け、ご理解頂けましたでしょうか?次のレースもベストを尽くして、がんばって下さい!

このページのトップ