トーナメント報告

更新日:2014/05/26

横峯さくら選手が国内女子ツアー第12戦『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』で2位入賞!

国内女子ツアー第12戦『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』(愛知県豊田市 中京ゴルフ倶楽部 石野コース 6,459ヤード、パー72)が5月23日から25日の3日間にわたって行われ、横峯さくら選手が2位に入賞した。

混戦となった初日。4アンダーのトップに4人が並び、さらに1打差の3アンダー5位タイに横峯選手を含む5人が続いた。
初日としては横峯選手の今季自己最高となる順位。
7番では12メートルのパットを沈めるなど、「ショットは良くなかったけど、パットに助けられた。順位的にはすごくいい位置につけられた。」と手ごたえを語った。

迎えた2日目。この日も前日につづき、混戦となった。その中で、横峯選手もなかなかスコアを伸ばすことができず、バーディーを4つ奪うものの、バンカーでミスショットが続く場面もあり、この日は1アンダー。
しかし、首位から2打差の6位タイと上位になんとか踏みとどまった。
「ショットはいいけど修正が必要。優勝に届かない距離ではないので、今できることをしっかりやっていく」と最終日を見据えた。

2打差の中に9人がひしめく大混戦の中迎えた最終日。
横峯選手は前半の4番、5番で連続してボギーとしてしまうが、その後ノーボギーで8番、13番とバーディー。
最終18番でも約8メートルの長いバーディーパットを沈め、首位から3打差の5アンダー、今季自己最高位の2位タイで終えた。
「良いときと悪いときの波がある。ショットに意識を向けていければ優勝に近づいていける。」と課題を語った。

今季最高位の好成績をおさめ、初優勝に向け進む横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ