トーナメント報告

更新日:2013/10/14

横峯さくら選手が国内女子ツアー第29戦『スタンレーレディスゴルフトーナメント』で2位入賞!

国内女子ツアー第29戦『スタンレーレディスゴルフトーナメント』(静岡県 東名カントリークラブ美浜コース 6,540ヤード、パー72)が10月11日から13日の3日間にわたって行われ、横峯さくら選手が2位に入賞した。

世界遺産 富士山の裾野で行われた大会初日。
横峯選手は「体調が悪く、18ホールを回りきるので精いっぱいだったが、アンダーパーで回れて良かった」と、トータル3アンダー10位タイのスタート。

大会2日目、強風で各選手が苦しむコンディションのなか、この日の横峯選手はショットが好調。11番パー5は残り92ヤードの第3打をSWで1メートルにピタリとつけた。これをしっかり沈め「納得のショットでした」と笑顔。7、9、17番もウエッジでの一打がピンに絡んでバーディーを奪い、4バーディーノーボギーの"68"をマーク。体調も回復し安定感抜群のゴルフで着実に順位を上げ、首位と1打差の単独2位で最終日に臨む。

大会最終日、逆転を狙った横峯選手は、9番パー4で第1打をバンカーに入れると、2打目もグリーン周りのバンカーへ。結局ここをボギーとし、9アンダーの2位タイで終戦。「パッティングが良くて、ショットも許せる範囲でしたけど、優勝するにはもう少しでしたね」と分析。

今季残り7試合「ゴルフの調子は悪くない。また来週から目の前の1勝を目指して頑張っていきたいです」とリベンジを誓った横峯選手を、サロメチールはこれからも応援していきます!!

このページのトップ