トーナメント報告

更新日:2013/10/28

横峯さくら選手が国内女子ツアー第31戦『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』で今季3勝目!獲得賞金1億円を突破!

国内女子ツアー第31戦『NOBUTA GROUP マスターズGCレディース』(兵庫県 マスターズゴルフ倶楽部 6,445ヤード、パー72)が10月24日から27日の4日間にわたって行われ、横峯さくら選手が今シーズン3勝目をマーク、自身5度目の年間獲得賞金1億円を突破した。

横峯選手は、本大会は2010年の優勝を含む5度のトップ10入りと好相性。
「台風の影響もあると思うので、1ホール1ホールが大事になるかなと思う」と、賞金女王奪取に向けてビッグトーナメントに挑む。

事前に予想された雨もほとんどなく、曇り空の下で行われた大会初日。
しかし、台風の影響からか強風のラウンドとなった。
横峯選手はスタートの10番でセカンドを1番につけてバーディー先行。その後はコロコロと方角を変える風に悩まされてボギーとバーディーが交互にくる展開が続いたが、5バーディー・3ボギーの70で回り2アンダーの7位タイと上々のスタート。
「風が強い中でのアンダーパーで、まあまあいいと思います」と満足気な表情。

2日目は悪天候のため中止となり、54ホールの短縮競技となった大会3日目。
多くの選手が台風が通り過ぎた後に吹いた強風に苦しむ中、横峯さくら選手は1番で幸先よくバーディーを先行させると前半だけで4バーディー。
後半はさらにペースを上げて14番からの3連続を含む5バーディー。驚異の9バーディー・ノーボギーで大会新の63をマーク。2位と5打差の大差をつけ、横峯選手も「普通にやれば優勝に手が届く」と今季3勝目に王手をかけた。

大会最終日、単独首位からスタートした横峯選手は「朝からドキドキでした」と優勝のプレッシャーのなか、ボギー先行の苦しいゴルフ。
しかし、メンタルを調整した横峯選手は、緊張感の中でも落ち着いた精神状態でプレー。「ヘッドアップしないように」といつものチェックポイントを冷静に見直して6番、7番と連続バーディー。落ち着きを取り戻した。 最後まで心に波を作ることなくプレーし、4バーディー・3ボギーの71でリードを守りきり、今シーズン3勝目をマーク。自身5度目の年間獲得賞金1億円突破を達成した。

この勝利で逆転賞金女王が見えた横峯選手だが「私は自分のスタイルでプレーできれば」と自然体。 ゴルファーとしての円熟期を迎えた横峯選手は自分らしく頂点へ突き進んでいく。

トップとの賞金額も約380万円差まで縮め、残り5試合での逆転賞金女王を目指してラストスパートをかける横峯さくら選手を、サロメチールはこれからも応援していきます!!

このページのトップ