トーナメント報告

更新日:2013/4/30

横峯さくら選手が国内女子ツアー第8戦『フジサンケイレディスクラシック』で2位入賞!!

国内女子ツアー第8戦 フジサンケイレディスクラシック

横峯さくら選手が国内女子ツアー第8戦『フジサンケイレディスクラシック』(静岡県伊東市 川奈ホテルゴルフコース 富士コース 6,367ヤード、パー72)が4月26日から28日の3日間にわたって行われ、横峯さくら選手が2位に入賞した。

横峯さくら選手は今大会で、不動裕理選手の持つ日本女子ツアー史上最長の91試合連続予選通過記録に並んだ。

初夏を思わせる爽やかな陽光が降り注いだ大会初日。
横峯さくら選手は、強風の中を4バーディー、2ボギーの2アンダー、70にまとめ、首位と2打差の9位と上々のスタートを切り「風をしっかり考えて打てたのでうれしいですね」と難関攻略を喜んだ。

コース特有の強い潮風も影を潜め、絶好のコンディションとなった大会2日目。
この日横峯さくら選手はじわりと順位を上げ、前半のアウトは1つ伸ばしただけだったが、後半17番パー3で放った第1打は、あと80センチでホールインワン賞800万円となるスーパーショットが飛び出し、通算6アンダー・6位タイで予選を通過。91試合連続予選通過を達成。
「とても光栄なことだと思います。嬉しいです。去年何度も予選落ちの危機があり、乗り越えたのが今に繋がっています」と喜んだ。

昨日に引き続き絶好のコンディションのなか行なわれた大会最終日。
序盤ショットが左に曲がり、ボギーが先行する不安な立ち上がりに。しかし、ショットをすぐ修正し5番からは連続バーディーを奪取。9番でもバーディーを奪い、スコアを2つ伸ばして折り返す。その後も3つのバーディーを奪うも、3打及ばず2位に。それでも単独2位は大会13度目の出場で最高成績「今日みたいなプレーが出来れば勝てる日が来ると思う。来週以降も今日のようなプレーを続けたい」と大きな手ごたえを得た。

次戦での連続予選通過新記録と、2年ぶりVの期待が高まる横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ