トーナメント報告

更新日:2013/3/11

横峯さくら選手が国内女子ツアー開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』で2位入賞!!

国内女子ツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス

横峯さくら選手が国内女子ツアー開幕戦『ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』(沖縄県南城市 琉球ゴルフ倶楽部 6,435ヤード、パー72)が3月8日から10日の3日間にわたって行われ、横峯さくら選手が2位に入賞した。

南国の穏やかな風が吹き抜ける絶好のコンディションでスタートしたシーズン開幕初日。
賞金女王奪回を掲げて臨んだ横峯さくら選手は、4バーディー、2ボギーの70で周り16位につけた。オフにはドロー打ちを練習してきたが「試合になると打ち分けは難しい」とストレート系で攻めた。だが、ショットは安定していたが短めのパットを外したことに不満げで「もったいない部分が多かった」と反省していた。

昨日に引き続き爽やかに晴れ渡った2日目。
横峯さくら選手はこの日6バーディー、1ボギーの67をマーク。スコアを5つ伸ばし、首位と3打差の3位タイに浮上。4つのパー5で全てバーディーを決めるなど持ち味の飛距離を生かした。「最後まで自分を信じたい」と話し、初の開幕Vを視界にとらえた。

大接戦となった最終日。前半は5バーディーを奪い、絶好調。
一時首位にも立ったが、後半は13番でボギーをたたくなど伸び悩んだことも響き、勝負の行方はプレーオフにもつれ込んだ。18番パー5の繰り返しで行われた1ホール目、3打目を手前5メートルにつけたが決めきれず、久々の栄冠に手が届かなかった。それでも、復活に向けて手応えは得た様子で「結果を残せたことは自信になります」と収穫も。

桜の季節を前に復活Vの期待が高まる横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ