トーナメント報告

更新日:2012/10/22

横峯さくら選手が国内女子ツアー第30戦『マスターズGCレディース』で2位入賞!!

横峯さくら選手が国内女子ツアー第30戦 マスターズGCレディース

国内女子ツアー第30戦『マスターズGCレディース』(兵庫県三木市 マスターズゴルフ倶楽部 6,458ヤード、パー72)が10月19日から21日の3日間にわたって行われ、横峯さくら選手が2位に入賞した。

さわやかな秋晴れの初日。
横峯さくら選手は、先週のラウンド後に行った異例の居残り練習の効果もあり、1番パー5で1・5メートルのバーディーパットを沈めて勢いづくと、5番では10メートルをねじ込んでバーディー。その後も7、8、14、15番の連続バーディーなどショット、パットがかみ合った。
7バーディー・ノーボギーで大会コースレコードタイとなる"65"をマークし、単独首位発進を決めた。
「本当に久しぶりだし、うれしいです」と横峯さくら選手は笑みを浮かべた。

快晴無風の絶好のコンディションで行われた2日目。
首位からスタートした横峯さくら選手は1番で幸先よくバーディーを奪うと、3番、6番と着実にスコアを伸ばしていった。後半も14番、15番を連続バーディーとし、5バーディー・ノーボギーの通算12アンダーで首位を守った。

強い日差しが差す秋晴れの中、8,000人を超える大ギャラリーが詰めかけた大会最終日。
今季初優勝を目指す横峯さくら選手は9番までハーフを終え1バーディーで通算13アンダーに伸ばし首位をキープして折り返した。
2位に4打差をつけて後半に入った横峯さくら選手だが、13番、14番を連続ボギーとしスコアを落とす。優勝争いは三つ巴のプレーオフに突入。2ホール目で3メートルのパットを外し、今季初勝利とはいかなかったもののV字回復の2位入賞。
「手ごたえは大分良くなってきた。またチャンスがあったら頑張ります」と力強く語った。

調子を取り戻し、今季初勝利が見えてきた横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ