トーナメント報告

更新日:2010/10/25

横峯さくら選手が国内女子ツアー第29戦『マスターズGCレディース』でプロ初となるホールインワンを達成し今季2勝目!!

国内女子ツアー第29戦 マスターズGCレディース

国内女子ツアー第29戦『マスターズGCレディース』(兵庫県三木市 マスターズゴルフ倶楽部 6,502ヤード・パー72)が10月22日から10月24日に開催され、最終日にホールインワンを達成するなど、通算10アンダーで5月のフンドーキンレディース以来となる今季2勝目を挙げた。

初日は首位から4打差となる1アンダーの7位タイとまずまずのスタート。

2日目は、「昨日はショートが多かったので、ちょっとオーバー目に打った」というパッティングが好調。
7つのバーディーを奪う猛チャージで、トータル6アンダーの首位タイに浮上し、「勝てそうで勝てない試合が続いたので、今回はチャンス」と勝利への意気込みを語った。

首位タイで迎えた最終日。
横峯選手を含む最終組3人による熾烈な優勝争いが繰り広げられた。

5番、ラフからの第3打でチップインバーディーを奪うと、7番パー3ではプロ初となるホールインワンを達成!9Wで放たれたボールはピン手前に落ち、そのまま転がりカップに吸い込まれた。

ミラクルショットが続き、前半で2位に3打差をつけ一歩抜け出した横峯選手だが、「あんまりはしゃいじゃいけない」と気を引き締めた。

後半に入り横峯選手がスコアを伸ばせない中、15番で1打差に迫られる。
しかし、最終ホールまで緊迫した雰囲気の中、1打差のまましのぎきり、勝利を手にした。

賞金ランキングでもトップのアン・ソンジュ選手と約3,300万円と差を縮め、逆転女王へ「少しでも追いつきたい」と語った横峯選手。

賞金女王に向けて追撃を見せる横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ