トーナメント報告

更新日:2009/06/22

横峯さくら選手が国内女子ツアー第14戦 ニチレイPGMレディスで、今季3勝目に一番乗り!!

国内女子ツアー第14戦 ニチレイPGMレディス

6月19日から6月21日に行われた国内女子ツアー第14戦ニチレイPGMレディス(茨城・美浦GC=6,402ヤード・パー72)の最終日は、大雨の影響でコースコンディションが悪化した為、中止となり、第2ラウンドを6バーディー、1ボギーの67で回り首位に立った横峯さくら選手が、先月の廣済堂レディスに続き、ツアー通算12勝目を飾り、今季3勝目を挙げた。

初日は、16、17番で連続バーディーを奪うなどスコアを伸ばし、3アンダー5位タイで終えた。

今季は、スタジオアリス女子オープン、廣済堂レディスですでに2勝を挙げており、賞金ランキングもトップを走るなど、大活躍を見せる横峯さくら選手。
その勢いに乗り、2日目は、スコアを5つ伸ばして、6バーディー1ボギーという内容で、通算8アンダー単独首位に浮上した。

前半、3つのバーディーを奪った横峯選手。
先週に引き続き、ショット、パットともに相変わらず絶好調で、後半は、11番から3連続バーディーを奪って一気に首位に躍り出た。
17番ではバンカーに入れてボギーを叩いてしまったが、通算8アンダーでホールアウトし、2位に2打差をつけ、着実に今季3勝目へと一歩前進した。

「以前は、首位を追いかける方がプレーしやすかったが、今は首位を保ちながら、スコアを伸ばす方がいい」と頼もしいコメントを語った横峯選手。プレーの内容にも満足した様子であった。

最終日は、大雨によりコースコンディションが悪化した為、競技が中止となり、第2ラウンドで首位に立っていた横峯選手の優勝が決定。 今季3勝目1番乗りとなった。

また、注目すべき点は、7月末に開催の「全英リコー女子オープン」の出場有無だが、国内ツアーに専念したいとの為、まだ出欠の結論を出していない。
好調を維持しているだけに、動向に目が離せない状態だ。

1ヶ月に1勝のペースで優勝するという大活躍ぶりで、今後の試合での活躍が待ち遠しい。
快進撃を繰り広げる横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ