トーナメント報告

更新日:2009/04/10

米国女子メジャー開幕戦、横峯さくら選手が日本勢で最高位を獲得!

2009クラフトナビスコチャンピオンシップ

4月2日〜5日に行われた米国女子メジャー戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」の最終日(場所:Mission Hills Country Club, Dinah Shore Tournament Course, Rancho Mirage, 6,673ヤード、パー72)。晴れた青空の下、サロメチールCMキャラクターの横峯さくら選手は、この日イーブンパーでラウンドし、通算3オーバーの25位タイで、日本人プレーヤー最高位を獲得し、大会を終えた。

強風の中でのラウンドとなった2日目。午後スタートの最終組という一番風の影響を受ける厳しい条件の中スタートした横峯選手は、前半を3バーディー1ボギーと2つスコアを伸ばして折り返す。

初日の終盤に手痛い3連続ボギーとしてしまった横峯選手だったが、2日目は、天候が荒れるという厳しい条件の中、堂々の「73」で回り、通算1オーバーの18位タイへと順位を上げる大健闘。「この風の中、1オーバーは自信になります」と笑顔で語った。

前日とは異なり、晴天に恵まれた3日目。横峯選手は、最終18番パー5で5メートルを捻じ込むバーディーフィニッシュし、日本人最高位の位置をキープ。最終日に向けて良い流れを作り、3日目を終えた。

最終日は、イーブンパーでラウンドし、通算3オーバーの25位タイ、日本人プレーヤー最高位にて4日間の大会を締めくくった。

惜しくも、来年度大会の出場権が得られる20位タイには及ばなかったが、メジャー選手のプレーを間近で見て、自分へのテーマを実感したようだった。今回の海外での厳しい戦いで得た経験を活かし、シーズン初勝利を期待したいところである!!

今シーズンも、ますます目が離せなくなりそうだ。

このページのトップ