トーナメント報告

更新日:2009/11/16

横峯さくら選手が国内女子ツアー第32戦伊藤園レディスゴルフトーナメントで今季5勝目!!賞金ランキングでもトップに大接近!

国内女子ツアー第32戦 伊藤園レディスゴルフトーナメント

国内女子ツアー第32戦『伊藤園レディスゴルフトーナメント』(千葉県長生郡 グレートアイランド倶楽部 6,619ヤード・パー72)が 11月13日から11月15日に開催され、横峯さくら選手が初日から首位を守り、見事今季5勝目を完全優勝で飾った。 自身最多の年間5勝目を挙げ、賞金ランキングでもトップに迫り、逆転賞金女王が見えてきた。

曇り空の中でスタートした初日、単独首位に立ったのは逆転賞金女王を狙う横峯選手だった。
好調なショットと、新パターの調子も良く、6つのバーディーを奪い絶好のスタートを切った。

2日目は開始早々に降雨と強風で競技が中断。 その影響で日没サスペンドとなった。
8時21分から2時間余りの中断により、横峯選手は12時過ぎにようやくスタートした。
中断後も最大瞬間風速16メートルを越える強風が吹き荒れるあいにくのコンディション。

その強風に帽子が飛ばされるアクシデントもあったが、横峯選手の勢いは止まらない。
強風の中でもショット、パットが乱れることはなく、日没となった15番の第一ショットまでスコアを3つ伸ばした。

前日サスペンドとなった第2ラウンドの続きから始まった3日目。
7時15分から第2ラウンドの残りの競技が再開され、一つスコアを落としたものの、 7アンダーの単独首位で最終ラウンドを迎えることとなった。

その後行われた最終ラウンドでも好調さを見せる横峯選手。
前半3バーディー、後半でも1バーディーを奪って スコアを更に伸ばし10アンダー、2位に4打差をつけ快勝、 一気に賞金ランクトップを射程圏内にとらえた。

「自分にプレッシャーをかけたくないので、賞金女王はあまり意識したくない。あと2試合、自分のプレーをするだけです」 と語った横峯選手。
残り2試合、白熱の賞金女王争いから目が離せない。

賞金女王に向けて猛追撃を見せる横峯選手をサロメチールは応援します!!

このページのトップ