サロメチール 商品紹介

更新日:2009/04/27

横峯さくら選手、3位タイで開幕からの連続トップ10フィニッシュ継続!!

国内女子ツアー第6戦 28thフジサンケイレディスクラシック

『国内女子ツアー第6戦28thフジサンケイレディスクラシック』の最終日は(26日、静岡県伊東市川奈 川奈ホテルゴルフコース 、6464ヤード、パー72)最大瞬間風速24.7m/sを記録する強風により最終ラウンドが中止となり、横峯さくら選手は第2ラウンド終了時点で通算2アンダーの3位タイでフィニッシュした。

前日は9ホールを消化した時点でサスペンデッド(※1 本文 最下部参照)となった為、最終日を27ホールをプレーすることになった横峯さくら選手。
当日は朝から強風が吹き荒れる中、横峯選手は第2ラウンドの残り9ホール(10番ホールから)をプレーした。
強風の中、11、12、15番でバーディーを奪うスタートダッシュだったが、17番でボギー、さらに最終18番では風を読み誤り、グリーン奥のバンカーに打ち込むなどダブルボギーとし、通算2アンダーで終了。
首位と5打差に離され、最終ラウンドの18ホールに臨んだ。

風はさらに勢いを強め、横峯選手が最終ラウンドをスタートする正午過ぎには競技続行に暗雲が立ち込める・・・。
そんな逆境の中、横峯選手はプレーを続け1番をパー、2番でボギーとし、3番のティショットをフェアウェイへ運んだ所で、強風を理由に競技は中断となり、そのまま最終ラウンドは中止となる。
競技は36ホールに短縮、第2ラウンド終了時点での順位が最終結果となり横峯選手は3位タイで大会を終えることになった。

横峯選手は、「この風の中だったら、5打差でも何があるか分からないのでチャンスだと思っていたのですが・・・。最後までやりたかったけど、天気にはかないませんね。仕方ないです」と残念な様子を浮かべた。
しなしながら3位タイでフィニッシュし、開幕からの連続トップ10フィニッシュと好成績を継続している。

好調を維持しているだけに、次週の国内女子第7戦「クリスタルガイザーレディス」への期待も高まる。
自身初の賞金女王を目指し快進撃を繰り広げる、横峯選手をサロメチールは応援します!!

注釈(※1 試合を続けることができなくなったとき、後日その続きを行うことを条件として、一時停止された試合。)

このページのトップ